長期休みで子供や家族へイライラしてしまう原因と対策を紹介・セルフメンテナンスの必要性も

おはようございます!3分サプリいとうです。新学期が始まりましたね。約2週間の春休みを終え
「は~やっと春休み終わってホッとした」
「はやく給食始まってほしい!」
と思われている方もいらっしゃるかもしれません。
私も、「ホッ」とした1人ですが、
どうして長期休みが終わると「ホッ」とするのかを今日は考えてみました。

 

小学生のお子さんをお持ちの親御さんなら、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・冬休みと長期の休みを経験しますよね。
毎回、イライラしていたら身が持たないはずです。
できれば、子供たちと過ごす長期休みが楽しいものにしたいという方や、イライラをなくしたいと考えている方は
次のお話が役に立つかもしれません。
今日は、長期休みが終わると「ホッ」とする理由と楽しい長期休みを過ごすためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

長期休みのイライラの原因は?

今年の春休みは、3分サプリもお休みを頂いて子供たちや自分のことについて振り返る時間を取りました。
春休み中は、覚悟をしていたにも関わらず
・仕事が思うように進まない
・きょうだいケンカ
・ゲームとの付き合い方
・パートナーとの育児方針のぶつかりあい
・勉強の取り組み
・食事
など、普段自分ができていることができないという状況に置かれます。
もう一度いいますが、
「長期休み中は普段自分ができていることができない状況に置かれる」という事実がそこにあります。
それなのに、お母さんたちは、普段と同じ成果を出そうとがんばります。
そうすると、いつもの力よりもさらにパワーアップした力を無意識に使うことになります。
怖いのが、「無意識」というところです。
さらに、自分の子供たちのことを普段から気遣う母親は、更に感度を上げて子供たちの様子を把握しています。
つまり、
長期休み中は、仕事に行っている間を除く
「フル稼働の状態」なのです。
言ってみれば、「働きすぎ」
こんな環境でイライラしないほうがおかしいです。
イライラが知らず知らずのうちに貯まるから→長期休みが終わると「ホッ」とするわけです。
原因がわかったので、
長期休みでもイライラしない方法を考えてみます。

イライラしない方法は?

長期休みが終わると「ホッ」とするのは、自分の思うようにできる時間ができるからです。
つまり、休み中でも「一人になれる時間」を作るようにすることが大事です。
子供たちにも同じようなことが言えて、親がずっと見ている状況は子供にとっても苦痛です。
一人になれる時間が何回必要かは人それぞれなのでご自身のイライラ容器の大きさによるかと思います。
私の場合は、2週間が限度ということが今回わかりましたので今度のゴールデンウィークにまた試してみようと思っています。

◇何が我慢出来ないのかを把握するセルフメンテナンス

長期休みで思うように行かないことにイライラする一因として家の中がどんどん散らかっていくというのもあると思います。
子供たちが一日家にいるのですから、きれいな状態がキープされるというのはほぼ無理でしょう。
それを見て怒るのも疲れますしね。
私の場合はリビングが荒れていくのが許せないということに気が付きました。
一度、きれいにした時はすっきりとしましたがまた荒れていくので
強制的に来客を入れてきれいにすることにするといいかもなと思いました。
イライラするだけでなく、きれいにする環境を強制的に作るという方法ですね。

最後に

長期休みがあるたびに今回の休みはどんな過ごし方だったかなどこがいらっとしたのかなと振り返るようになって
早3年ぐらい経ちますがこんな風にイライラするのも子供たちが家に居てくれる時間があるからということにも気が付きました。
長女は、5年生になり、友達のところに遊びに行ってしまって居ない日が多くなっています。
そうなってくると、イライラできるのも低学年のうちだけか・・・と思うこともできいらいらしてるのも損かもなと思うこともできます。
日々、イレギュラーなできごとをもたらしてくれる子供たちに毎日感謝です。
参考になれば幸いです。
3分サプリ いとう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

成瀬勝博フロー子育てマスター認定講師0期生 10歳と7歳の子どもを持つ母です。 うまくいかない子育てに落ち込んだり涙したり怒ったりの生活から、少しのきっかけで毎日が楽しい子育てになりました。 笑顔で穏やかな生活を送ることができるフロー子育てに是非触れてみてください(*^^*)