子どもの好奇心を伸ばす体験をしよう!日常生活でできるやり方

子どもの好奇心を伸ばす体験をしよう!日常生活でできるやり方

こんにちは。3分サプリいとうです。フローな子育てを実践する上で子どもの好奇心(興味)を伸ばすことを大事にしています。かといって、特別に何かをさせているというわけではなく日常生活の中で好奇心を伸ばす体験はたくさんあるなと実感した出来事を今日はシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

長女は実験が大好き!

ある日のこと公園に行った後の~実験会が開催されておりました。(by長女)

色々な、花や実を混ぜてハンドソープ+お水を投入した模様

 

「ママ~!めっちゃきれいな色になったよ!」

 

わぁ。本当にまっピンク(^-^)v何の色だろうと色々考えて答えを出すも全然当たらず(笑)親の方も脳トレさせてもらっています。

※後から、「じつは~ママの入浴剤も混ぜたんだよね~てへっ(∀`*ゞ)」ってまさかのカミングアウト有り(笑)

考える道順を育てる

実験は、これ入れたらどうなるかな?こうなったらこうしてみようとさらなる好奇心を伸ばします。
わが家では、入浴剤の色を違う色で混ぜ合わせたら何色になるだろうから始まり

  • 水の量を変えたら色の濃さが変わるのか?
  • 固形状だとどのくらいで溶けるのか?
  • 匂いの濃さはどうなるのか?
  • どのくらいの水につけたら発泡するのか?

など、実験をしていた姿が見られました。きっと、子ども的にはこんなことは意識しないでただこうだったらどうだろう??という好奇心だっただけだと思うのですが、親の方もその姿に気が付きさらに質問をして好奇心を深めてあげることが大事だと思います。

長男は、真剣に取り組んでいる時は、「口がとんがってくる」というサインがあってそんな姿に気がつくことができるのも親ならではなのかもしれませんね。(笑)

後片付けが大変!というときもありますが

絵の具や・墨の模様付けなんかもハマっていて何度も何度も模様を写し取っていたときもありました。

「こうしなきゃだめじゃない!」と言わないで子どもの集中に付き合って見てくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

成瀬勝博フロー子育てマスター認定講師0期生 10歳と7歳の子どもを持つ母です。 うまくいかない子育てに落ち込んだり涙したり怒ったりの生活から、少しのきっかけで毎日が楽しい子育てになりました。 笑顔で穏やかな生活を送ることができるフロー子育てに是非触れてみてください(*^^*)