3分サプリ+手放す勇気+

おはようございます。3分サプリいとうです。
5月もあと2日で終わりですね。

先週わが家の子供たちは、運動会でした。今年から午前中のみの開催となりましたが子供たちの成長が感じられてよかったなと思います。
毎年毎年ちゃんと成長していく子供たちをみていると安心します。

去年の今頃も同じことを書いていたと思いますが、あっという間に手が離れていっちゃうな~と感じて寂しくなります。
こういったことを言っていると主人には

「子離れできていない」「甘やかしている」と言われてしまうのですが私の中では「子供はいつか親から離れる」のスタンスは変わらず、離れていったらそれで良しなのですが外から見るとそんな風に見えるんだなと気づかせてもらいました。

パートナーや、周りの意見は、社会の常識からみた意見なので

自分が良いと思うことが必ずしも受け入れられるとは限らないという問題にぶつかります。

自分が良いと思っていることが伝わらなかったり、同感してもらえないことは時には「辛い」と感じることもあるでしょう。
例えば、不登校の子が学校に行けないけど大丈夫とお母さんが思っていても
それを覆すような反対意見を言ってくる

夫婦で子育ての考えが合わず

もっと負けて悔しいとか「勝つこと」を意識するお父さんに対し
のびのび「好きなこと」をやって行けばいいというお母さん

お互いに、平行線です。

それぞれが主張をしあって言い合いを続けていくと疲れてしまうのでどちらかが諦めたり譲ったりするのですが
根本的な問題解決にはなっていません。

今の所、お互いの主張を認め合いいいところは採用し合うがうまく行っているのですが
これは、自分の意思に反することをお互いにやるという苦行でもあるので時には手放す勇気を持つことも必要となります。

では、何を手放すのかというと、

まずは、自分が大事にしたいと思っている主張を手放してみます。
手放すイメージがつかみにくい方は、

自分の目の前にAさんという方が居るとしましょう。
Aさんは、あなたと考え方が似ていて同じような意見を述べる人です。
その人が、

「主人が、子供にもっと負けて悔しいとか練習をきちんとしろとかうるさくてしかたないの。
私は、のびのび育ってくれればいいと思うんだけど、良い学校に行けとか言ってくるのよね。」

とあなたに相談してきました。

あなたならどう答えるでしょうか。

あなたが主観で考えていたことと相談されて答えた答えは同じでしたか?

手放してみることは、主観から離れるということ。

先日、5年以上習っていたフラダンスを辞めました。大好きだったフラを辞めた理由はさまざまありますが、
辞めてみるとなんであんなに悩んでたんだろうとなったのです。

ここまで習ったのに
子供も一緒にやってるのに
なにか言われたら

今思えば、自分の主観でしかありませんでした。好きなことと思っていたものが好きでなくなった時を主観が邪魔していたんですね。
主観で行動することが良い時もありますが(やりたい!とすぐ判断できる時)客観的に見ることができる自分もそばに置いておくと良いなと思います。

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

3分サプリいとう

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

成瀬勝博フロー子育てマスター認定講師0期生 10歳と7歳の子どもを持つ母です。 うまくいかない子育てに落ち込んだり涙したり怒ったりの生活から、少しのきっかけで毎日が楽しい子育てになりました。 笑顔で穏やかな生活を送ることができるフロー子育てに是非触れてみてください(*^^*)