kodomokiseki 勉強のやる気を引き出す方法とは(低学年編)                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

勉強のやる気を引き出す方法とは(低学年編)

      2016/04/24

おはようございます。Kaoriです。

今日は、勉強のやる気を引き出す方法とは(低学年編)の話をシェアします。

勉強のやる気を引き出す方法とは?

一年生の当初から宿題を頑張ってやってきた長女。

私も、習慣づけができるようになるべくフォローをしていたつもりでしたが

あと少しで1年生終わりなこの時期に自発的に宿題をやらない状態がたびたび起こるようになってきました。

学校から帰ってきてすぐ宿題をする習慣をつけたい母VS休みたい娘

という図式が成立です。・・・(@_@;)

帰ってきて家で休みたいだろうなという思いもありつつ、

ここでやっておかないと後でできなくなるだろうなと葛藤します。

我が家で実践したのは、

まず、基本は低学年は勉強のフォローが絶対に必要です。

何時になったらやる?と聞いたり、

スムーズに宿題に移行できるように鉛筆で書く作業をしたり(例;絵しりとりなど)

テクニック的にはいろいろありますが、

私が感じることは、もしかしてテレビとかついてたり下の子がいたりすると気が散るとか?
あと、「すぐ」って言ってもまだ時間がどれだけ経つかって感覚ないのかなと思って

(時計は大分読めるようになりましたが・・・)

テレビを消して具体的に何時何分と決めてフォローすると少しはマシになりました。

そして、きっと一番の解決法は、

◎一緒に楽しみながら宿題を見てあげる(隣に座って)

が一番効果があるなと思います。本人も、宿題しなきゃなという思いはあるのだけど

気分が乗らないというだけなので遊びの延長線上のように楽しみながら褒めながら

遊びながら(時には競争も入れつつ)宿題をしてあげる時がいいと思います。

ついつい、宿題は自分でやるものという思いから一人でやらせないとという思いに

なりがちですがまだまだ低学年の内は集中力も持ちませんし(特にやりたくないなぁという思いの時は)

宿題を隣で一緒にやっているとこども達が今どんなことを勉強していてどんなふうに

覚えてきたのかどんな感じを覚えてきたのかなど色々わかって楽しいですよ(#^.^#)

 

今日のシェアがあなたの役に立ちますように

Kaori

 

フローな子育てを実践される成瀬先生は私の人生の師です(#^.^#)
メルマガなど読まれたことがない方はこちらからどうぞ。

成瀬勝博先生 メルマガ登録はこちら

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 子育て