kodomokiseki 生活習慣が身に着くといいことづくめ?!早寝・早起き・朝ごはん                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

生活習慣が身に着くといいことづくめ?!早寝・早起き・朝ごはん

      2016/05/02

こんにちは。Kaoriです。

今日は、生活習慣が身に付くといいことづくめ?!早寝・早起き・朝ごはんについてシェアします。

我が家では、長女が年長さんになるまで早寝・早起き・朝ご飯の生活リズムがまったくといっていいほど

できていませんでした。(@_@;)

早寝・早起き・朝ごはんのリズムを小学校前に付けると小学校に行く時にこどもも困ることなく

小学校に行けるとは知っていましたが、なかなかそのリズムを実践してあげることができず・・・

本当に小学生になったら大丈夫なのかな?という状態でした。

やっぱりこれではいけないと、生活習慣を見直すもなかなかうまく行かず・・・(@_@;)

非常に苦労した思い出があります。

早寝しないとこちらもイライラしてきて「早く寝なさい!」「まだテレビ見てるの!」などなど

出てくるのは文句ばかり。

そりゃいい加減こどもも嫌になって反抗しますよね・・・

で、まずは小さなステップ 早起きだけしようと決めて6時に起こすことに。

始めは、夜遅寝なので起きれません。

本当に、文句を言われながら必死に起こしていました。

眠いのに、突然起きなさい!と言っても起きれないので手足をブラブラしたり

くすぐり攻撃で起こしたりポコペンでつっついたり手を代え品を代えです。

しばらくすると、成功率が上がってくるので今度は早寝をチャレンジします。

ただ、寝なさいと言っても寝ないのでテレビの時間を20時まで。お風呂は21時までに入って

22時までに寝る。をベースにできたりできなかったりを繰り返しながら今では、22時にはきっちり眠たくなるようになってきました。

遅く寝ると睡眠不足に。こどもにどんな影響があるの?

  • 肥満になりやすい
  • イライラしてキレやすくなる
  • 疲れやすい
  • 集中力、注意力が散漫になる
  • 成長ホルモンの分泌が減少する

たまーーーに、遅寝になってしまい、遅起きで準備が余裕がなくて本当にパニックになっていることもあります。

やっぱり、イライラして切れやすくなるんでしょうね(@_@;)

子供の体を健康に成長させるために必要な成長ホルモンは、夜10時~2時の間に盛んに分泌されますが、睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減少。筋肉や骨の発達が妨げられて身長が伸びなくなったり、抵抗力が落ちて風邪をひきやすくなります。睡眠不足は結果として学力の低下を招いたり、学校や課外活動でもトラブルを起こしたりする原因になったりしているのです。

うーん良いことなしですね(@_@;)

我が家の長女7歳の理想の睡眠時間は・・・

なんと、10時間30分!!

長男4歳は・・・

11時間・・・・(@_@;)

まずは、睡眠時間を確保することをやってみて気持ちの切り替えがうまくできるように

なってほしいなと思います。ほかの年齢はこちらを参考にどうぞ(*^_^*)→

年齢別理想の睡眠時間

 

今は、長男の習慣づけに苦労していますが、コロッと寝てくれた日は、「勝ったな・・・・」と一人勝利宣言です(笑)

親の意識でこどもの習慣が付きますので一つ一つ身についていけるといいですね。

 

今日のシェアがあなたの役に立ちますように。

Kaori

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 子育て