kodomokiseki こどもの気持ちを瞬間的に切り替える方法(小学校1年生まで)                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

こどもの気持ちを瞬間的に切り替える方法(小学校1年生まで)

      2016/05/02

おはようございます。Kaoriです。

こどもの気持ちを瞬時に切り替える方法とは?

我が家の長女は、わりと(かなり?)感情の起伏が激しく気持ちを切り替えるのに時間が必要なことがしばしばあります。

そんな長女にさっと気持ちを切り替えることができた具体的な方法をシェアします。

基本的には、気持ちを受け止めてあげてからじっくりと向き合う方法を行うのですが、泣きわめいてどうしようもない時にした方法が

いきなり「ジャンプしよう!」と誘い一緒にジャンプする方法。

高く飛ばせたり途中でママが転ぶフリをしたりジャンプしながら変な顔をしたり・・・

とにかく、怒っている状態から気が反らせられれば何でも構いません。

小さなお子さんだと突拍子もないことのほうが受けます(笑)

この方法で、最初はブスッとしていた長女もぷっと思わず吹き出します。

体を動かすことからアプローチして気持ちを切り替える方法で低学年ぐらいまでは効果的だと思います。

他にも、「怒っている子は、顔書くぞー!」と言っておなかに変な顔を書いたりすると怒っていることを忘れて

「次は、これ書いて!」と盛り上がります(#^.^#)

小1の長女は、大受けした後「明日、たいいくあるのにどうしよー!」と我に返るほどです(笑)

長男(4歳)は、「カブトムシと、ザリガニと、ネコちゃんと、バッタかいて」と次々と難題を出してきます(^_^;)

描いているうちにすごくおもしろい顔になったり全然似てなかったりして、子どもたちと一緒に大笑いして楽しい気持ちにしてくれるて付き合ってくれる子供たちに感謝ですね!

今日のシェアがあなたの役に立ちますように

Kaori

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 子育て