kodomokiseki 家事放棄が必須のからだの不調                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

家事放棄が必須のからだの不調

      2016/04/24

おはようございますKaoriです。
先日から大寒波により気温が低くなっていますが、我が家の子供たちも風邪を引いてしまい、
そして案の定私もこどもたちから風邪をもらってしまいました。(^-^;

お世話をするお母さんの立場上子どもたちから病気をもらうのは
仕方ないことですが、いつもは気合いで乗り切るところ一年に一回は必ずこう言った
不調の時が来ます。
今年は、早めに病院に行き薬を処方してもらいました。

「体をゆっくり休めてくださいね」

病院の先生の「なるべく体をゆっくりやすめてくださいね。」という言葉に

(ゆっくり休めたらどんなにいいか・・・)という思いが湧き出ます。(^_^;)

体調がいつもと違うというだけで、いつも通りのことがいつものようにできない
この歯がゆさは何とも言えませんね~

でも、病気になるということは自分自身に休養が必要ということだと割り切って
数日間は、家事・育児放棄しました。

思い切って手放すということは、必要と頭では分かっていても中々手放せません。

まずは、あらいものができてなくても よし!

こどもたちのごはんが彩りよくなくても よし!

そうじできなくても よし!

お風呂入れなくても よし!

体調が良くなったらやろう!を心に決めて何日間が過ぎると

すごい状態に(^_^;)

なっているんですけど、それだけ毎日頑張ってたんかなとかちょっと思える気さえします。

体調が悪いと、機嫌も悪いですし、本当に小さなこと(トイレが間に合わなかったとか
何かをこぼしたとか)にですらイラッと来てしまいますし何度、理不尽な怒り方をした
な・・・と思ったことか(^_^;)

本当に、健康であることって素晴らしいと思うできごとでした。

私が治りかけに長女が高熱を出すというおまけつき。

いつも元気な長女がぐったりしておとなしい姿を見ると大変だけど元気で健康で
居てくれるだけでありがたいなと思えるできごとでした☆

 

皆様も健康に気を付けてお過ごしくださいませ。

今日のシェアがあなたの役に立ちますように。

Kaori

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 子育て