kodomokiseki 見えていない部分にフォーカスする                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

見えていない部分にフォーカスする重要さ

      2016/04/24

おはようございます。Kaoriです。

今日は、各家庭でもよくあるできごとをシェアしたいと思います。

見えていない部分にフォーカスするとは

先日、長女がその日のうちに宿題を終わらせることができず、学校に行く前に
せっせと宿題を片付けていました。

その様子を見た主人が、
「え!まだ宿題やってなかつたの?」とその様子だけを見て言います。

私は、絶対にそう言われるのがわかっていて言われたくがないゆえに早くやりなよと
長女を急かしていたのですが予想通りの主人の反応に「やっぱりか・・・」と残念な
気持ちとどうしてわかってくれないんだろうという気持ちと私自身が責められている
ような気持ちでものすごく複雑な気持ちになりました。

確かに、目の前の出来事は昨日のうちに宿題ができなくて今朝慌ててやっているという
場面です。

これが例えば、昨日、習い事で疲れて途中まで宿題をしていたのだけれどあと少しだけ
眠くてできなかったので朝やっているということをわかっていたら

「え?まだ宿題やってなかったの?」という言葉になるでしょうか。

主人いわく「前も朝やっていたからまたかと思って」と言うのです。

主人の言うこともわからなくないのですが、

朝になって宿題をしていたことは、たかだか3回ほどしかないのです。

私から見ると9か月の学校生活の中で、たった3回です。

回数に表すとほんのひと握り、大した回数ではありません。(^O^)
(むしろ少ないくらい)

具体的な数字や、バックボーンを話すと主人も少しは納得したようで
長女に「宿題がんばったね。」と言ってくれました。

見えない部分は、見えていないがゆえにわからないのも当たり前
でも、何かがあったのかなと気にかけてあげることによって同じ場面でも
見方が変わりますね。

今日のシェアがあなたの役に立ちますように

Kaori

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 夫婦関係, 子育て