kodomokiseki 親との付き合い方                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

親との付き合い方

      2016/04/26

こんばんは。Kaoriです。
みなさまそれぞれのお正月をお過ごしかと思います。
我が家でも、おじいちゃんちおばあちゃんちに行き楽しい時間を
過ごしてきました。

そんな中で、感じたできごとをシェアします。
私が、考えさせられたできごとは

「自分の親との付き合い方」

距離感と言う言い方もできますね。我が家ではそこまで問題はないと
思っているのですが、時々会うおじいちゃん・おばあちゃん孫が可愛い
のもあり、「あれをやらせた方がいい」とか「勉強は早めがいい」とか
孫に怒ったり色々ええそりゃあもうこちらの事情はさておき色々なこと
言いますよね。

「はいはい。」と受け流せればいいのですがあまりにしつこく言われると

「わかってるって!」とやや不機嫌モードになってしまいます。
これってば、親から見たらいつまでも私たちはこどもでのポジションは
変わるべくもなく、なんだかこちらも子供に返って「もううるさいなぁ」と
言う感情に(笑)

みなさま、一度ならず何度か感じたことがあるかと思われます。

今日の私は、母に父がこんな風に言ったとぶつぶつ文句を言ったことを
愚痴り帰りましたが、後からこんなこと言っても仕方なかったなと反省し
母に、さっきはごめんねとメールをしたら

「誰でも通る道だからあまりカリカリしないで過ごしてね」と

温かいメールをいただきました。

我が家の母も、父にカリカリして私に愚痴る時もあるのですが
この時ばかりは母の心の広さに感謝の気持ちでいっぱいでした。

イライラすることはいつでもできるけれど、どうして父がそんなことを
言うのか→結局は孫の為と思っているから→そこを私がさせていないから
責められているようにとってしまう→できていないところを非難されている
と勝手に思ってこちらも攻撃しかえす

という悪循環に陥っていただけでした。

新年早々、色々気が付かせてもらえて本当にありがたかったなあ~という
思いでいっぱいです。(#^.^#)

今日のシェアがどなたかの役に立ちますように

Kaori

 

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 子育て