kodomokiseki 虫歯になるこどもが減少?! - フロー子育て実践がっこう                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

虫歯になるこどもが減少?!

      2015/12/11

こんにちは。Kaoriです。今朝、テレビ朝日のモーニングショーで
虫歯になるこどもが減っているというニュースがやっていました。
ニュースのきっかけは、昼食後に3分間の歯磨きタイムを
取り組んでいる小学校では、虫歯と診断される児童がいないと
いうニュースでした。

小学校で、習慣として歯磨きをするという取り組みもとても素敵
ですよね。我が家の長女の学校でもぜひ取り組んでほしいなと
思います(#^.^#)

歯磨き習慣化の効果として、口内が清潔に保たれるので菌の繁殖が
抑えられてインフルエンザなどの学級閉鎖がなくなったそうです。
(歯磨きのついでに手洗い・うがいの習慣もされているそうでそれも
防止の一因とのこと。)

それに伴い、フッ素加工された歯磨き粉の使用などで虫歯になる子供の
割合が減っているんだそうです。
フッ素も、どの程度が体に影響がないかなどは良く調べてからご使用
頂ければいいと思います。

こどもの虫歯は、色々な取り組みや、フッ素加工の歯磨き粉の進歩の
おかげで減少傾向なのですが、35歳以上の特に女性に増加しているのが

歯周病!!以前私が歯の大事さをシェアした時にも出てきました。↓

ママの歯のことの話はこちら

ニュースになるくらいやっぱり多いんですね~衝撃です。

歯周病菌は、歯ぐきの中に潜んでいて酸素が嫌いなので歯肉をマッサージ
して血流を良くして酸素をいきわたらせるといいようです。

虫歯は、歯の表面に付きますので2パターンの磨き方をする必要があるようですね。

 

歯周病にぴったり歯ぐきがキュッとなるコロコロ歯ブラシ↓



フッ素を使用したくないママにおススメな子供用歯磨き粉↓



今日のシェアがどなたかの役に立ちますように

Kaori

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - Kaoriの引き出し, 子育て