kodomokiseki 怒りのコントロールができない時にこどもに助けられた話                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

怒りのコントロールができない時にこどもに助けられた話

      2016/08/01

こんばんは。Kaoriです。

今日は、怒りのコントロールができない時に長女に助けられた話についてシェアします。

子育てをしているとどうしても怒りをコントロールすることが難しい時がある

一度は、みなさん経験したことがあると思います。

思うように動かない子どもにイライラして怒り→また怒り→小さなことにイライラするようになり→

怒らなくてもいいところで怒ってしまう。

怒りの連鎖、無限地獄です。

以前にも、怒りのコントロールの仕方という話をシェアしています。↓↓

怒りのコントロールの仕方という話を読む

 

こんな私でも、以前に比べると怒ることが減りました。

でも、どーしても怒りがコントロールできない時もあります。

 

そんな時、長女が助けてくれました。

私が自分で気持ちを切り替えるために行うことは、目の前に主人やこども(相手)がいると自分を客観的に見ることができなくなるのでとにかく一人になります。部屋にこもったりちょっと外に出てみたり。

ある時は、主人に対して怒りが膨らんできて自分でもどうしようもない!と思った時があり

一人になろうかなと思ったのですがその時はふと長女に言ってみようという気持ちになり

「今日、ママどうしてもパパのこと怒っちゃって仕方ないんだけどどうしてだろうね」と相談してみました。

実は、長女もその時、私に対してものすごく怒っていて

(理由は早くそばに来てほしいのに来てくれないという小さな理由だったのですが)

そんな怒っている長女に相談するのもどうかなぁと思いながら聞いてみると

長女は自分の怒りを忘れて私のおなかにそっと手を当てて

「ママが怒っちゃうのはママがされて嫌なことをされたからじゃない?」と真剣な顔で答えてくれました。

長女がおなかにそっと手を当てたのは、長女がまだ年長の時に自分で怒りのコントロールが

うまくできずにモヤモヤしていたことがありました。

そんな時に私が長女に「おなかに怒りんぼ虫がいるから怒っちゃうんだね~ママが追い出してあげるから大丈夫だよ」となだめていたのでそれを思い出して私の怒りんぼ虫も出してくれたのかもしれません。

私は、自分で怒りをコントロールしなければという思いにかられていましたが、長女に助けられてすっと怒りが消えました。

他にも怒りのコントロール法はありますがまずは自分から怒りの根源を出すこと。近しい人でもいいですが

冷静に第3者の目で状況を把握できる方に相談するとより解決が早いと思います。

今回は、こどもから大事なことを教えてもらいました。

こんな風に親も子供と一緒に成長できるというのは素敵ですね。

今日のシェアがあなたの役に立ちますように。

Kaori

 

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 親が育つ魔法のことば~こどもが教えてくれること