kodomokiseki となりのトトロを見て                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

となりのトトロを見て

      2016/04/24

こんにちは。Kaoriです。

先日、長女が宮崎駿監督「となりのトトロ」を見て

長女「メイちゃんは、何歳なの?ひーちゃんぐらい?」と聞くので

私「いや、メイちゃんはたしか4歳だから●●くん(長男)と同じだよー」

長女「ふーん」と言う会話がありました。会話自体は大したことがない会話だったのですが、ふと長女が3歳ぐらいの時に同じようにとなりのトトロを見ていて長女に

私「メイちゃんは●●ちゃん(長女)と同じ年ぐらいかなーどうかなー」と言う会話をしていたのを思い出してなんだかとても懐かしい思いになりました。

段々と、メイちゃんの年からおねえちゃんのさつきちゃんの年齢に近くなってきて長女がまた、メイちゃん何歳なんて同じ話題をメイちゃん目線ではなくてさつきちゃん目線でいうようになったんだなぁと感慨深く寂しさと不思議な気持ちになりました。

毎日過ごす時間はあわただしく一生懸命ですが、確実に月日は流れていますね。

他の場面でも、お父さんがメイちゃんとさつきちゃんを腕にぶら下げて一緒に帰るシーン

入院しているお母さんがさつきちゃんの髪をとかすとき、「メイも!メイも!」とお母さんの取り合いが始まってさつきちゃんが「ダメ!私が先なの!じゅんばーん」と言うシーン

我が家でも、姉弟で同じようなことが行われているのを振り返ってなんだかジーンとしてしまいました。

となりのトトロ子供の成長とともにこどもと一緒に見たい映画ですね。

今日のシェアがどなかたの役に立ちますように

 

Kaori

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 子育て