kodomokiseki TBS日曜劇場 - フロー子育て実践がっこう                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

TBS日曜劇場

      2015/11/17

こんにちは。Kaoriです。
TBS日曜劇場にて放送中の「下町ロケット」「ルーズヴェルトゲーム」などでも著名な池井戸 潤さん原作のドラマです。
今回の主人公は、阿部寛さん演じる町工場佃製作所の社長 「ルーズヴェルトゲーム」も原作に忠実に構成されており続きが気になって単行本を購入してしまったほどドラマの構成も毎回ドキドキどうなるか楽しみな構成になっています。

今回の「下町ロケット」も商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられたり、取引先から見放され創業以来のピンチに陥ります。
本当に、次から次へ問題が起きてそして、一発逆転劇が起こるスカッとするドラマですがその中でも「ルーズヴェルトゲーム」にはないエッセンスが、阿部寛さん演じる町工場の社長と土屋太鳳さん演じる一人娘の利菜さんとのやりとりに熱いものを感じました。

下町ロケット↓↓
http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

第2話では、裁判に疲弊しているのにもかかわらず、一人娘の体調を気遣い言葉では悪態をつきながらそっと湿布や薬を部屋に置いておく不器用な父親

素直になれなくて父親に冷たく当たる娘が、裁判で証人尋問に立つ父親が恥ずかしい思いをしないようにとワイシャツにアイロンを当て(手を痛めてるので反対の手で。)襟のボタンまでつけて黙ってワイシャツを置いておく娘

父親の愛と娘の愛が感じられる温かいやりとりでした。我が家も大きくなって反抗期になったらこんな風になるのかなぁなんて目に涙をためながら・・・(早!)

町工場の行く末も気になりますが家族との温かいやりとりも必見のドラマ「下町ロケット」

今後の展開もますます期待です。

今日のシェアがどなたかの役に立ちますように

Kaori

 

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - Kaoriの引き出し, 子育て