kodomokiseki こどもにさせたいお手伝い                      

フロー子育て実践がっこう

フローな子育てを実践するとイライラする子育てや家庭問題の悩みが解決します。

こどもにさせたいお手伝いをスムーズにすすめる方法

      2016/08/08

おはようございます。フロー子育て認定講師Kaoriです。

子ども達が大きくなってくるとお手伝いをしてくれるようになるので
積極的にお手伝いをお願いしようと思って

以前、冬休みに入った時に計画を立ててアイロンがけなどを
長女にやってもらいました。

具体的な話はこちらから→冬休みのお手伝いの話はこちら

ゴールデンウィークはなにを手伝ってもらおう??

ということで、

長男も一緒に競ってやるので

  • 洗濯物を洗濯機から出す
  • タオルを干す
  • 洗濯物を干す
  • おもちゃを片付ける
  • ペットにご飯をあげる
  • 洗い物をする
  • ご飯を作る手伝いをする
  • お風呂を洗ってもらう

を都度組み合わせてやってもらいました。

長男は、洗い物にはまり、知らない時に自分で「すぽんじぼぶとって~」
(笑)と言って洗い物をしています。(*^_^*)

(実際、洗い残していたり陶器はまだ怖いので避けたり下準備が大変ですが、、、(笑))

長女は、ごはんの手伝いが楽しいらしくこの前はきゅうりをこんな感じで切っておりました。

きゅうり

きゅうり

 

2本分ぐらい切ったようで・・・
お花に見立てて盛り付けしたんだそう。(*^_^*)

包丁の使い方を丁寧に教えたわけでもないのに一人で
考えていろいろなことをしています。

長女には、包丁は、危ないので一人で使わないでねと
怒りながら(長男が真似をするので・・・)

でも、すごいねぇ上手に切れたね(*^_^*)と伝えたら嬉しそうでした。

そんな、嬉しそうな顔を見ていたら今度は何をしようかなぁ
!(^^)!と私も楽しくなってきました。

お手伝いをスムーズにすすめる方法として、よくある方法は、報酬を支払うこと。

お風呂洗ってくれたら10円とか。
これは、即効性はありますが継続性がありません。

報酬を支払うことがNGなのではなく、連発すると効果が薄れます。

大事なのは、まずはこどもがやりたい手伝いからやってもらうこと。
こどもでも大人でもそうですが、好きなことはいくらでもできます。

好きなことをやってお母さんにも誉められたり感謝されたりしたら
子ども達の心の頑張りメーターが一気に上がり自分からすすんで手伝うようになります。

今回、何種類かお手伝いを用意しましたが進んでやるのは好きなこと。

でも、不思議と好きなことをやり遂げた後は頑張りメーターが上昇している
ので普段はあまり進んでやらないこともやってくれることもあります😃

小学生くらいのお子様だと、お手伝い内容を話し合いで自分で
決めてもらうと納得してやってくれますよ。

色々アレンジしてお試しくださいね😉

※注意※ダメ出しや手出ししたくなりますがそこは見守り体制でお願いしますー✨(笑)

今日は子ども達と近所のDVDやさんへ歩きながら行ってきました。
子どもたちは、ツツジやたんぽぽ、綿毛、よもぎを見つけてはせっせと摘み取ったり、
虫を見つけたり、いろいろなことに興味を持ってくれます。

DVDを借りに行くよという目的なのですが、
目的よりも途中経過の方がとても楽しそうです。(笑)

こんな風にうろちょろしながら散歩できるのも今のうちだけ
なんだろうなぁと感じながら

確実に大きく成長している子ども達。

いつのまにかしっかり歩ける距離が以前よりぐんと延びている長男(4歳)

・・・子供の成長は本当に早いですね(*^_^*)

帰りに、野菜市場を見つけて沢山の野菜と長女と長男が大好きなイチゴとトマトを買って
家路につきました。

普段は車でしか通ったことのない道を子どもたちと歩くことで
野菜市場や、隠れ家お菓子屋さん、人懐こい猫ちゃんに
出会うことが出来ました。

どこかにお出かけするゴールデンウィークも楽しいですが、
こんな風に当たり前の日常の時間を
子どもたちと過ごすのも良いですね。(*^_^*)

今日のシェアがあなたの役に立ちますように

Kaori

 

 

メール登録

メール登録していただくとイベントや交流会、ブログの更新をいち早くお知らせします。

 - 親が育つ魔法のことば~こどもが教えてくれること